アフィリエイトとストックフォト

ストックフォト

アフィリエイトとストックフォトの関係~序章~

投稿日:2018年9月8日 更新日:

序章と言いつつ、関連記事は今のところ次回分しか予定していないので、次回が最終章かもしれません…。

私はこのブログではSEOを特別意識していません。(AFFINGERを使っておきながらー!)

タイトルもなんですが、見出しの文章も練っていなさすぎて、自分でも笑えてくるぐらいです…。

こんな風にフィーリングでブログをやってしまっていて、アフィリエイターさんとは対照的な私なんですが、アフィリエイターさんを意識したストック作品作りはしています!
ASPも見てますよ!

今回はそのことについて、思い浮かんだことをちょっとだけ書きますね。

購入者のアフィリエイターさん

世の中には使い勝手の良い無料素材サイトがたくさんあるので、記事に添える画像が欲しい時にはそちらを利用する方が多いようです。

でも、いくらたくさんの無料素材サイトがあるとは言え、「これはイイ!」という素材はやっぱり他の人と被ってしまう確率が高いんですよねー。

そんなことがあるので、本職バリバリのアフィリエイターさんは他のサイトとの差別化を図るべく、PIXTA等の有料ストックフォトサイトで定額購入をしたり、イラストレーターに発注をかけたりすることがあるそうです。
実際、私も継続案件を含めて受注させていただいた過去があります。

 

アフィリエイトのジャンル

ところで、アフィリエイトで報酬が高くてアツいジャンル、というのが存在します。
それと同時に、アツいにもかかわらず新規参入には不向き、というジャンルも存在するみたいなんですよね。
なぜか、というその理由は様々です。

面白いのが、そういったジャンルのイラストは登録してみてもあまり購入されないし(※当社比)、それ以前に閲覧数も少ない、ということなんですよねー。

閲覧数が0や1でも購入されることがあるので、閲覧されていない=全く販売に結びつかない、ということではないですけどね。
(閲覧数0は、多分、詳細ページを開かずに購入してくださってる方かな?と思っています。)

やっぱり本職の方はジャンル選びをシビアにされているのかなー。
それかもうアツいジャンルのサイトは既に完成しきっているのかな。
と想像をめぐらせたりしています。

 

アフィリエイトとストックフォトの共通点

これまでの話とはあまり関係がないんですが、アフィリエイトとストックでの販売は似ている部分がいくつかあって興味深いです:)

アフィリエイトで成功されている方は、ストックでも成功されるんじゃないかな、と思います。
写真やイラストが趣味のアフィリエイターさんにおすすめかもしれません。

でも、成功されている方こそ、「そんな暇があるなら記事を書く」と仰いそうですね!

アフィリエイト界の鉄板ワード:手を動かす
なぜか今、カーネギーさんの『人を動かす』が頭を過ぎってしまいました…。←どうでもいい

あ、このことはストックと似てますね!

アフィリエイトと関連したストックの話は、また後日にも書きますねー!

(追記)書きましたー!

目力が強いさる
ストックフォト(素材サイト)で喜ばれるアイキャッチ用画像

PVや離脱率を意識している方はご存じかと思いますが、アフィリエイト等の収益を意識したサイト用の画像って結構重要なんですよね。 私が素材を使用する際の手順や感想も交えつつ、サイト運営者はストックフォト( ...

続きを見る

-ストックフォト

Copyright© Leonardo , 2018 All Rights Reserved.