目力が強いさる

ストックフォト

ストックフォト(素材サイト)で喜ばれるアイキャッチ用画像

投稿日:

PVや離脱率を意識している方はご存じかと思いますが、アフィリエイト等の収益を意識したサイト用の画像って結構重要なんですよね。

私が素材を使用する際の手順や感想も交えつつ、サイト運営者はストックフォト(素材サイト)でどのような画像が欲しいのか、というのを書いてみたいと思います!

イラストレーター目線になっていますが、もしかしたら写真クリエイターの方にも関係する点があるかもしれません。

アイキャッチ画像と途中の画像

読んでくださってる方の中にはWebサイトの運営経験がない方もいると思いますので、ストックフォトの話に入る前に、それぞれの画像について一応書いておきますね:)

 

アイキャッチ画像

アイキャッチ画像は、普通に記事を書くだけにしてもバズを狙いに行くにしても、どちらにしてもものすごく重要です。

画像があった方が目を引くし美しい、というのは自サイト内に限った話ではなく、シェアされた時もそうですからね。
シェアされると、アイキャッチのサムネイルが記事のタイトルと一緒に表示されるからです。

画像がない場合よりも、クリックされやすくなるはずです。

 

見出しや本文の途中の画像

PC操作

 こういうのです!

この見出しや本文の途中の画像、というのも結構重要で、離脱率(または直帰率)に関係してくるそうなんですね。

活字慣れしている方だと問題ないのかもしれないですが、文字のみの記事で、なおかつ長文の場合には、「読む前にもうお腹いっぱい」と感じてしまう方もいると思うんです。

図解を用いて記事の内容をわかりやすく表現するのも良いですし、  の画像のような抽象的なイメージでお酒のチェイサー的効果を狙うのも良さそうです。

そして挿入する画像の数は、バランスを見ながら概ね見出しごとに入れるべき、という解説をよく見かけます。
私はしていないんですけどね…。

 

アイキャッチ等の画像の作り方

というわけで、アイキャッチ画像も途中の画像も大切なので、積極的に取り入れているサイトが多いです。

どうやって掲載画像を作っているのかを知っておくと作品制作の段階でイメージがしやすいかと思いますので、ちょっと長いんですが読んでみてください!

 

ストックフォト(素材サイト)で画像選定

まず、メインとなるそれっぽい画像を用意する必要があるんですが、これがまー意外と大変で…。

テイストやクオリティは考えず、モチーフが何なのか、ということだけに着目して選定すれば楽は楽なんですが、そうするとサイト全体の雰囲気を損なってしまいます…。
ひいてはサイトの信頼度の低下にも繋がってしまいそうなので、なるべく避けたいところです。

しかしながら、趣味のブログで棚ぼた的にバナーを設置している程度ならまだしも、少し本気、というレベル以上で収益化に取り組んでいるのであれば、画像選定にはあまり時間をかけられません。

なぜかと言うと、当然ですが、画像選定よりも記事の執筆やその他の作業の方に時間を多く割かなければならないからです。

ブログアフィリエイトの場合だと、「1日3記事は書く!」「1日5000字は書く!」等、バリバリ執筆されている方もいらっしゃいます。※高品質前提
法人化されている方なら尚更なんじゃないかな、と思います。

たとえば1日3記事は難しいとしても、1日1記事は書く!とした場合…。

アイキャッチ用画像:1点
大見出しが5つあったとして、見出し用画像:5点

合計6点

この6点の画像を、限られた時間の中で、ぱぱぱぱぱ~っと選んでこなければならないんですね!
1日3記事の場合だと、単純計算で3倍の18点ですね。
もちろん、本文中にどれだけの画像を入れるか、という方針の違いで必要な画像の点数は変わってきますよ。

メモ

そもそも、求めているモチーフの素材が無い、または少ない、ということもあります。
競合が無い素材の場合、画像が全くないよりも何かあった方が良い、ということから、多少テイストが合わなくても購入されるケースがあるのではないかと思います。

 

画像の加工

画像選定だけでも大変なんですが、加工も結構大変です…。

PhotoshopとIllustratorを使えるイラストレーターの私でさえそう思うんだから、これは間違いないですね…。

画像選定と同様、テイストやクオリティを考えないのであれば作業時間は短く済むのですが、いったん凝りだすともうだめです!
ある程度の妥協、というものも必要ですね。
(イラストレーター的には、低画質JPGの粗さにも慣れる必要があります…。笑)

私はこのブログでは、画像の加工はなるべく文字入れのみにとどめていて、使用フォントは数種類のみにしています。
場合によっては文字入れすらしないこともあります(この記事もです)。

フォントを凝りだすと、際限なくハマっていってしまいますから…。
ライセンスの確認と管理に時間がかかったりもしますしねー。

と言いつつ、色調補正やスタンプツールなんかは結構使ってますけどね!

でも本当のところは、できれば色調補正すらしたくないんですよ…。

私は「清潔感がある広告向けの写真よりも、ドラマチックな写真が欲しいなー」と思っている派です。

プレーンなテイストの写真をPhotoshopでインスタ風等に加工することもあります。
でも、それがとにかく面倒で…。

素材サイトの一覧で、ぐっとくる感じのテイストの写真を見つけると、すぐに飛びついてしまいます。

というか、写真の加工だけならまだいいんですが、イラストパーツの組み合わせによる加工はもっと大変なんですよね!

テイストが合わない…。色が合わない…。構図的にうまく配置できない…。あのパーツってどの素材とセットになってたっけ…。等々、問題が色々ありすぎます…。
さすがに自分で描いたイラストの組み合わせは難なくできるんですけどねー。

PIXTAで販売されている素材のように加工OKのものでも、面倒なのでできるだけ加工したくありません。
その為、1点で完結できる作品の方が断然使いやすいと感じます。

イラストレーターですらイラストパーツの組み合わせ加工はしたくないと思っているので、以前の記事に書いた、アイキャッチへのパーツの利用は頭が上がりません。

AFFINGER5
WordPressテーマのWING(AFFINGER5)で嬉しかったこと

最近のWebサイト構築にはWordPressを使っている方が多いですよね! 私もその中の一人です。 有名な有料テーマには、STORK、SANGO、JIN、等々…と色々ありますが、私は主にWING(AF ...

続きを見る

もっと使いやすい素材を提供できるように頑張ります!

 

ストックフォトで求められる素材

これまでの点を踏まえまして、サイト運営者はストックフォト(素材サイト)でどのような画像が欲しいのか、ということですが、以下の4点に行きつきました。

  1. 使用してもサイトの信頼感を大きく損なわない
  2. 単なるポーズ素材ではなく、具体的な状況を表している
  3. 他の素材と組み合わせることなく、そのままアイキャッチに使用可能なサイズである
  4. 文字入れ用のスペース(コピースペース)がある

テイストについては好みによるところがあると思うので、入れていません。

こうやって書くと簡単そうですが、私の場合はなかなか実行できていないです。

1番と2番はまあこれから頑張るとして、3番の画像サイズについては、サイト運営者の方針やCMSのテーマによって画像の縦横比率が変わってくるので、少し悩んでしまうところです。
まあ、L判と同じ比率でいいかな!って気もしますがー。

4番は一見簡単そうでいて、この記事の冒頭で書いた、シェアされた際の見え方を考慮に入れると頭が痛いです。

なんだか…私の面倒くさがりな性格が露呈してしまっただけのような気もしますが…。笑
この記事がどなたかの参考になれば幸いですー!

よかったらこちらの記事もどうぞ!

アフィリエイトとストックフォト
アフィリエイトとストックフォトの関係~序章~

序章と言いつつ、関連記事は今のところ次回分しか予定していないので、次回が最終章かもしれません…。 私はこのブログではSEOを特別意識していません。(AFFINGERを使っておきながらー!) タイトルも ...

続きを見る

-ストックフォト

Copyright© Leonardo , 2018 All Rights Reserved.