トレース問題

ストックフォト

ストックフォトのトレパク問題

投稿日:2018年9月20日 更新日:

私はとある地方都市の、中心部から離れた住宅街に住んでいます。

その住宅街の中に、スーパーやドラッグストアやクリニック等が集まったちょっとした商業施設があるのですが、前々からその中のドラッグストアには注目しています。

なぜかというと、そのドラッグストアの手書きポップに、ストックフォトで販売されているイラストのトレースが多用されているからです。

ストックフォトで販売中のイラストのトレース

トレースされているイラストのジャンルは大体美容系です。
心地よさそうに微笑んでいる女性や、スキンケア中の女性なんかのイラストです。

もろにそっくりで、一度ご本人のイラストを見たことがある人ならすぐにわかると思います。
ご本人の癖がそのままトレースされています。

でも本物ではないんですよね。
タッチが全然違いますので…。

「描き慣れていない人が落ち着いてゆっくりなぞったんだろうな」と感じるストロークです。

 

ストックフォト作品のトレースは法律違反か?

ストックフォトで販売されているイラストはクリエイターに著作権がありますので、購入せずにトレースし商用利用する(トレパクする)のは著作権法違反でアウトのはずです。

が、もしもこのイラストがドラッグストア側に購入されていたとしたら、どうなるんでしょうね?
購入されていたらトレースはOKなんでしょうか。

個人的な解釈としては、コンテンツ使用許諾契約(PIXTAの場合)に違反しアウトだと思っていますが、実際にはどうなんでしょう。

というか、購入したのであれば、普通に考えて購入したものをそのまま使う気がしますので、購入していないんだろうな、と思ってしまいます。

 

今後

今のところ私のイラストはトレースされていないです。

私が販売している美容系の作品はどれもトレースしづらいタッチなので、今後もないかもしれませんが、もしされたらドラッグストアの本部に連絡しようと思います。

トレースされているのは、いずれもはっきりした少ない線で描かれているシンプルな線画や、主線の無いシンプルな面で構成されているものばかりです。

ドラッグストア的には、こんな地方都市の片隅に、ストックフォトのクリエイターが潜んでいるとは思ってもいないんだろうなあ。笑

 

私は両親の仕事が店舗を持つ自営業(コンビニ)だったので、自営業の大変さは大体想像をすることができます。

店舗用の広告宣伝費って、あまりお金をかけたくないですよね。
だからと言って、他の自営業、自由業の人に迷惑をかけちゃダメですよね。

 

-ストックフォト

Copyright© Leonardo , 2018 All Rights Reserved.